壁面緑化とはどのようなものでしょう

壁面緑化とは、家やオフィスなどの建物の壁を緑の植物で覆うことを言います。植物によって、直射日光を遮ることができ、室内の温度を下げる効果や冷房の温度を低く設定することができるものです。植物を通って吹く風は心地よく、とても爽やかに感じます。夏に大活躍です。別名「緑のカーテン」とも呼ばれ、壁一面をカーテンのように植物でいっぱいにします。壁面緑化は空気を汚すことなく涼しさを感じられるものなので、地球にもとても優しいものとして知られています。

壁面緑化に適した植物は?

壁面緑化では壁一面を緑色の植物で覆うことが重要です。そのためにつる性の植物がよく使われます。つる性の植物はつるを伸ばしながらどんどん伸びて成長し、たくさんの葉っぱをつけます。棒などを使い、上へ上へと伸びるようにはわせると壁一面が植物をいっぱいにすることができます。つる性の植物にはゴーヤ、きゅうり、トマトなどがあり、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができるので、気軽に挑戦することができます。

できた実をつかってみましょう

つる性の植物には実をつけるものがたくさんあります。子どもがいる家庭などでは子どもと一緒に種からまいて毎日水をあげて成長を観察し、壁面緑化の効果について学ばせると共に、実を収穫して料理して食べることができます。いわゆる食育もできるのです。自分で育てたものはスーパーなどで売っているものより美味しく感じるものです。子どもが苦手な野菜などを育ててみることもとても良いでしょう。さらには農家の人の苦労などを知ることもできます。

壁面緑化は水や肥料を適度に与え、無駄な枝を取り除くなど長持ちさせるためにはこまめなお手入れが不可欠です。その一方で落ち葉の飛散や虫の繁殖などで周囲の美観を損ねることがあるので注意します。