ペットにも保険が必要

ペットには人間のように健康保険がありません。万が一病気や怪我をして手術や入院が必要になると、かかる費用はかなりの高額になり、数十万円が必要になることも。大切なペットの健康を守るためには、やはりペット保険に入っておくのが安心です。ただペット保険はいろいろな会社からいろいろなプランが用意されているので、選び方がよく分からないという人も少なくありません。まずは自分のペットの種類と年齢をチェック、条件を調べてみましょう。

目的に合わせた保険選びを

まず自分のペットの年齢と、加入したい時期を考えます。赤ちゃんのうちだけ加入したい、あるいは高齢になって怪我や病気が増えてきたので備えたいのか、保険が必要な期間は飼い主さによって変わってきます。高齢の場合、年齢制限で加入できないというケースもあるので、プランの条件をしっかり確認することが大切です。一生涯に渡ってサポートを受けたいなら、終身加入が可能なプランを探す必要があります。その場合、ポイントになってくるのが掛け金。一定の場合と年数の経過で上って行くものがあるので、よく確認することが大切です。

プランは限度額にも注意!

ペット保険で重要視するべきは、保険料と補償の割合です。このバランスが取れているかどうかが一番のポイントなので、よく確認することが大切です。ただこの2つだけを見ていればいいという訳ではありません。もう1つ、重要視すべきポイントはズバリ「限度額」です。限度額が低いプランは、仮に補償割合が高くても簡単に基準額を超えてしまいます。すると自己負担が一気に増え、保険本来の役割を果たしてくれないということに。本末転倒にならないためにも、限度額をよく確認してプランを選ぶようにしましょう。

動物病院の医療費上昇に伴い、近年急速にペット保険加入者が増えています。人間用の保険同様、加入することで入院費や治療費の負担を大きく抑えられる為です。