七五三とはどのようなお祝いなの!?

七五三とは、三歳、五歳、七歳になった子どもの成長をお祝いして、神社や寺などに参拝に行くという日本の年中行事のことを言います。江戸時代に徳川綱吉が自分の長男のために健康を祈ったことが始まりだと言われています。本来は三歳は「髪置きの儀」、五歳は「袴儀」、七歳は「帯解きの儀」と言って、その年齢に達した子どもが行う行事を祝うという意味合いがありましたが、今では着物やドレス、タキシードなどの正装をして11月の都合の良い日や天気の良い日を選んで参拝することがメインとなっています。

たくさんの人でお祝いをしましょう

七五三は子どもの成長を祝うためのものです。せっかくの晴れの日なので、両親だけでなく、祖父母や親戚などたくさんの人と一緒にお祝いをしましょう。神社や寺に共に参拝した後には記録に残すために記念撮影をしましょう。参拝したところで撮ってくれるところもありますし、近くの写真館へ行くのも良いでしょう。そして、一緒にお祝いをして下さった皆様へのお礼として食事をするのはいかがでしょう。参拝したところの近くや自宅近くのレストランやお食事処、カフェなどの個室を事前に予約しておくと良いでしょう。

皆で食事をしましょう!

今では七五三のお祝い用のプランやコースを用意してくれてあるところもあります。そのような店を上手にみつけ、上手く利用すると良いでしょう。また、着替えることができる場所があったり、子どもが多少音や声を出しても気にしなくて良い店を選ぶと、子どもも自由に伸び伸び過ごすことができますし、子どもの成長を共に祝ってくれた方にお見せすることができるので喜ばれるでしょう。七五三の日は子どもが主役となる日です。子どもが好きな物を食べられる店だったり、子どもがお気に入りのレストランを選び、笑顔で過ごせるようにすることが大切です。

七五三のレストラン選びには子供が好きなメニューがあるレストランやゆっくりと食事が出来る個室などがお勧めです。