バックアップの大切さ

デジカメやスマフォが普及し、誰でも手軽に写真が取れる時代になりました。しかしそこで気になってくるのが保存方法。撮ってそのまま本体やメモリーカードに保存しているという人も多いですが、デジタルデータはある日突然本体が壊れてデータが取り出せなくなるという危険が付きまといます。せっかく撮った大切な写真を守るには、こまめなバックアップを習慣づけることが大切です。バックアップの基本は、パソコンへの保存。撮ったらしっかり保存するのを意識しましょう。

一歩進んだバックアップ方法

デジカメやスマフォから、パソコンにデータを移しただけでは、バックアップとしては不十分。パソコンもある日突然壊れる可能性があるからです。パソコンのデータは、外付けHDDや光学メディアに記録しておきましょう。ただし、HDDは大容量が保存できる反面、経年劣化が早く長期の保存に向かないという弱点も。光学メディアは容量の面で劣りますが、正しく保存すれば長く使えるので、長期間保存したいときはおすすめです。あまり枚数を撮らないというひとは、クラウドサービスを利用するのもおすすめです。

やっぱり写真にするのが一番?

確実に写真を残すなら、やはり印刷するのが一番確実な方法です。物理的なダメージには一番強いと言えるでしょう。今は自宅のプリンターでも簡単に印刷できますが、オススメなのは店頭プリントです。自宅でできるインクジェットプリントは水に弱いという弱点があり、万が一災害に遭ってしまうと駄目になる可能性があるからです。多少コストがかかっても、確実に残したいならお店でプリントするようにしましょう。その他、最近ではフォトブックを作る人も増えています。写真の整理をする必要がなく、簡単なのが人気の秘密です。

フォトブックは自分のお気に入りの写真を選んで自分だけのオリジナル写真集を作れる所が魅力となっています。